Clients

 

  • TADAHIRO IGUCHI
  • KEIICHI HIRANO
  • TAKASHI TORITANI
  • IKUHIRO KIYOTA
  • KENJI AKASHI
  • MANABU MIMA
  • KAZUMI SAITO
  • EISAKU OGASAWARA
  • KINSHIRO USUI
  • T-98
  • FUKASHI
  • PAN RYUNSON
  • YUKINORI OGASAWARA
  • Takashima
FUKASHI

  • FUKASHI
  • FUKASHI
  • FUKASHI

不可思

14歳よりキックボクシングを始める。

17歳でプロデビュー。

2008年8月29日
K-1甲子園でプロデビューし、水戸一雄と対戦し2RKOで勝利し華やかにデビュー戦を飾った。

2014年9月7日
デビューから経験を重ね、25戦目に稲石竜弥を3R判定で下し、Bigbangライト級初代王者に輝いた。

2015年6月7日
初の防衛戦で、皇治と対戦し3R判定で勝利。初防衛を達成。

2015年9月16日
初防衛を達成し、勢いに乗り2つ目のタイトルWPMF日本スーパーライト級タイトルマッチで加藤剛士を相手に見事3RKO勝利し、2つ目のタイトルを獲得する。

2016年1月24日
5連勝で迎えた、WPMF日本スーパーライト級の防衛戦でNOBU BRAVELYを5R TKOで倒し、2つ目のタイトルも死守した。

2016年7月30日
RISEライト級タイトルマッチに参戦し、水町浩相手に3R判定で勝利し、3つ目のタイトルRISEライト級王者になった。

2016年11月30日
REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級タイトルマッチを行い、ハチマキを5RKOで倒し、4つ目のタイトルREBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王者になった。これで引き分けを挟み9連勝と勢いに乗る。

2017年2月12日
実力が認められ、KNOCK OUT初参戦山口裕人を3RKOで倒し、実力の差を見せつけた。

2017年4月1日
2戦連続の参戦となったKNOCK OUTで水落洋祐と対戦し、4RTKOで勝利し、6月から始まるライト級トーナメントに弾みをつけた。

2017年6月17日
KING OF KNOCK OUT初代ライト級王座決定トーナメントに参戦し、1回戦で勝次と対戦するも、ダウンの奪い合いの死闘の末に1回戦敗退するが、この年のベストバウトにも選ばれた。

2017年8月20日
KNOCK OUTで復帰すると、茂木俊介を相手に4RTKO勝利を収め力の差を見せつけ、見事復帰戦を勝利で飾った。

2017年9月15日
RISEライト級タイトルマッチでの初防衛戦を行い、麻原将平と対戦5R判定で勝利を収めタイトルを初防衛する。

2017年12月10日
KNOCK OUT初の両国国技館開催にも参戦し、金原正徳と対戦5R判定で勝利を収め2017年を勝利で締めくくり翌年から始まるKING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王座決定トーナメントに参戦が決まった。

2018年2月12日
2018年の初戦、KING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王座決定トーナメント1回戦に出場。健太との熱闘を5R判定勝利で制し、1回戦を突破した。

2018年6月8日
KING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王座決定トーナメント準決勝でシュートボクシングを主戦とする鈴木博昭と対戦、終始攻め続け終盤にダウンを奪い、5R判定で勝利し決勝戦へ駒を進めた。

2018年8月19日
KING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王座決定トーナンメントで秀樹と対戦し、4R目にダウンを奪い3?0の判定で勝利し、優勝を飾りKING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級初代王者となった。

2018年12月9日
王者として迎える2018年の締めくくりの試合。KNOCK OUTの舞台で山口侑馬と対戦し、5R判定で勝利を収め王者の貫禄を見せつけ2018年を締めくくった。

通算戦績:48戦36勝10敗2分(13KO)

Personal Data

  • 本名:水谷深
  • バックボーン:キックボクシング
  • 1991/6/17生
  • 175cm / 70kg
  • 血液型:O型
  • 出場団体:レベルス
  • 所属:クロスポイント吉祥寺

Prize

  • 初代Bigbangライト級
  • WPMF日本スーパーライト級
  • RISEライト級
  • REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級
  • KING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級

Career

  • 飛鳥未来高等学校